気候危機

国営諫早湾干拓事業(長崎県)を巡り、堤防排水門の開門調査に反対する干拓地の営農者らが開門差し止めを求めた仮処分申請で、長崎地裁は差し止めを命じる決定を出した。開門を命じた福岡高裁の確定判決と相反する判断だ。
11月11日からポーランドの首都ワルシャワで開幕した国連気候変動枠組み条約第19回締約国会議(COP19)で、フィリピン政府代表団のイェブ・サノ氏が演説を行った。彼は涙ながらに途切れがちに演説を行った。サノ氏の兄はこの2日間、素手で数百もの遺体を埋葬したという。インフラが壊滅した村や街は深刻な飢餓と水不足で悩まされている。
イギリスのリスク評価会社メイプルクロフト社は10月末、「第6次気候変動脆弱性指数」で、「2025年までに地球温暖化の影響を最も大きく受けやすい国々」を発表した。
温室効果ガス削減など、気候変動への国際的枠組み作りを協議する国連気候変動枠組条約第19回締結国会議(COP19)が11月11日から22日まで、ポーランドの首都ワルシャワで開幕する。日本政府は新たに温室効果ガス削減目標として「05年比3・8%減」とする方針を固めている。
ハフィントンポスト各国版11月6日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。イギリスでは、戦没兵士を追悼する意を表す「ポピー」をめぐって、イスラム教徒のコミュニティで議論が巻き起こっています。
ハフィントンポスト各国版10月30日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。イギリス王室のチャールズ皇太子は、中東の企業経営者たちとの会合でスピーチし、「シリアの内戦は干ばつなどの気候変動が原因だ」という持論を展開。これに対して「飛躍した論理だ」などの声が上がっています。
中国のPM2.5問題がかなりひどいことになっていますが、これをまともに考えれば、きちんとした環境対策をとらない政府が悪いという発想になるわけですが、どうも中国ではそういう方向にはいっておりません。
また中国のPM2.5汚染の季節が近づいてきたと思っていたら、はやハルピンで5メートル先が見えないという深刻な大気汚染が発生しました。小中学校が休校となり、市内の交通機関が麻痺するといった大きな影響がでたことが報道されています。
今後、十年間、地政学的な側面において起こりうる変化や国際貿易体制において現れうる不安定性を考慮する場合、現行の金融システムを改善する必要がある。これは新たな金融システムが必要だと言う意味でもある。今後、登場するであろう金融システムの核心は環境と金融との調和だ。
成功には勇気あるリーダーシップが求められる。新しい働き方とビジネスモデルの構築の先駆者となり、先頭に立って前進する覚悟のある企業が多く必要だ。そうする中で、企業はビジネスで信頼を勝ち取り、そして多くの利益も出せると私は確信している。「The B Team」はこの計画を加速し、最大限の効果をあげるためにビジネスリーダーたちが集まったものである。