co2

中国政府がオーストラリアからの石炭を制限したことが「さらに事態を深刻にしている」とブルームバーグが指摘している。
イギリスの人気ロックバンド「コールドプレイ」の決断を小泉進次郎氏は絶賛。野口健氏は「単なるパフォーマンス」と批判しています。
オークリッジのチームはCO2を使い勝手のよい燃料に変化させる方法を発見した。
「しかし今後、より一層真剣に取り組めば、地球を救うためのチャンスは残ったと言える」
発電に伴うCO2排出量が減ったことが、減少の要因だという。
トヨタ自動車は、新車の二酸化炭素排出量を90%減らすなどとした「トヨタ環境チャレンジ2050」を14日、発表した。
ヨーロッパでは、よりクリーンなクルマを作ろうと欧州委員会が2025年までにさらに厳しいCO2排出基準を設けようとしており、欧州自動車メーカーとのせめぎ合いが続いている。
世界的に「脱石炭」へ向けた動きを見せ始める一方で、いまだに石炭事業に多額の資金を投じ続ける国もあり、その最大の支援国が日本なのです
今月いっぱい(2015年6月)を期限として、温暖化対策とエネルギー政策に関する政府の重要な2つの提案について、一般の国民からの意見募集(パブリック・コメント)が行なわれています。
WWFジャパンは、この温室効果ガス排出量削減目標案および背景としてのエネルギーミックスの議論に、深い懸念を表明する。
原発の再稼働やエネルギー・ミックスでの位置付けが決まらないから再エネにも力が入らない。この停滞は早く解消するべきだ。
エネルギー問題は人類最大の難問でありつづける。一方、現在の気象災害や予想される影響規模を考えると温暖化問題も人類にとって非常に深刻な問題である。
日本の温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)が世界各地の大都市の人為的な二酸化炭素(CO2)高濃度排出量を捉えた。
9月23日、国連の潘基文事務総長が主催する「国連気候変動サミット」が行われる。日本の安倍首相をはじめ、およそ120カ国の政府首脳が参加する予定だ。
アメリカ環境保護局(EPA)が6月2日に発表した既設発電所に対するCO2排出量の新基準によって、温室効果ガス排出量の削減のために対策を立てる責任は、各州に課せられることになる。
再生可能エネルギーが注目を集めるなか、京セラを中心としたグループが、日本で最大となるメガソーラーを完成、稼働させた。発電規模は70MWを誇り、国内のみならず海外からの注目も高い。この「鹿児島七ツ島メガソーラー発電所」に続くかたちで、今後、日本各地でメガソーラーが稼働する予定だ。