CODA

耳の聴こえない両親を持つぼくは、ひとつのnoteに出会った。そこには難聴という診断を受けた息子への思いが綴られていた。
大人になったぼくは、同じ境遇に生まれ育った「CODA」に会ってみたいと強く思うようになった。
両親は悪くない。そして、ふたりから生まれたぼくだって悪くない。
CODA。どうやらろう者の親を持つ健聴の子どもたちは、そう呼ばれるらしい。
障がい者だけが障がいの当事者なのだろうか。障がい者の子どもも、親の障がいと生きている。
もしかすると、ぼくは母親の胎内にいたとき、国に“殺されて”いたかもしれない――。