アタラシイ時間

32歳で大学院生になった。背中を押したのは、父が遺した「やりたいことリスト」だった。