daburu

「外国人」対「日本人」に分断された相撲界の修復が期待された中、流星の如く現れたのは他でもない大関高安であった。
「機は熟した。婚姻の平等を法制化して」愛はすべてのフレーバーに共通しています!
日本語と中国語と英語が飛び交うワークショップでは、1つだけルールを決めた。他人をリスペクトすること。
きっかけは、民進党代表の蓮舫議員が日本と台湾の二つの国籍を持っていると批判された問題でした。
毎年、世界大会に向けて選出されるミス・ユニバース日本代表が話題になるが、その内容が例年とは少し違うようである。