daigaku

いま、日本の大学は文科省指導の下、改革されようとしています。日本の大学はアメリカの大学のやり方をコピーしただけでは機能するはずもなく、かといってこのままでは良くないのも明らかで、今野先生の本には深く考えさせられました。
大学とは何をするところだろうか。学問をするところ? 就職に必要な知識を身につけるところ? それとも遊ぶところ?どれも正しいのだろうが、「大学にもっと別の価値もあるはず」と考える人たちが、東京大の本郷キャンパスでこんなイベントを開いている。
アメリカはヴァージニア州に位置するヴァージニア工科大学、通称ヴァージニアテック(Virginia Tech)は、そのカフェテリア(=学食)の豪華さで全米に名を轟かせている。
「灯台下暗し」ではないですが、日本に住んでいると、日本について意外と知らないことがあります。今回紹介する動画は、そんな日本に住む私たちの視点を拡げ、客観的に「NIPPON」という国を見せてくれるものです。
大学なんて、もう行く価値ないんじゃないの? そういう声が最近多く聞かれるようになっています。そこでサンフランシスコ連銀のメアリー・デイリー副調査部長が「大学に行く価値は、まだあるのか(Is it still worth going to college?)」と題したレポートを発表しました。
ソチオリンピックのノルディックスキー・ジャンプ女子代表で17歳の高梨沙羅が、日本体育大体育学部の「飛び入学入試」に合格したことが分かった。
どうしたら魅力的な中小企業に出会うことができるのだろうか。実際に、大学で授業をしていても良く学生に聞かれます。が。。。「ここを見れば、バッチリ載ってる!」というのがない、です。