dainijisekaitaisen

くず鉄置き場で働いていた彼は、吃音のため兵役に就くことが叶わなかったという。あまった部品として何千もの戦闘機のエンジンが解体され、スクラップされているのを目にした。そこで、第二次世界大戦時に活躍した戦闘機の終幕を傍観するかわりに、ソプラタは広大な土地をオハイオ州に購入してそれらを集め始めた。
アメリカ時間の5日(日本時間6日)、英・競売会社ボナムスは、第二次世界大戦の関連資料をニューヨークで競売にかけた。
ニューヨークのBonhamsギャラリーで5日午後2時(日本時間6日午前3時)から第二次世界大戦の資料などが競売にかけられる。
第二次世界大戦中の1944年、アメリカ、イギリスを中心とした連合軍がナチス・ドイツ占領下のフランスに上陸した、いわゆる「ノルマンディー上陸作戦」から、6月6日で70年を迎える。写真と動画で、「史上最大の作戦」と言われた戦いを振り返ってみよう。
昭和8年生まれの私は、「鬼畜米英」のスローガンのもと「出てこいニミッツ、マッカーサー」と威勢良く歌いながらも、実際は米軍機の激しい空襲にさらされた世代の一人である。このドーリットル隊初空襲との遭遇は、ほんの序章だった。
太平洋戦争末期の沖縄戦で破壊された名勝、首里城。4月20日、アメリカ軍が撮影した破壊前の首里城をとらえたカラー映像が、大分県の市民グループ「豊の国宇佐市塾」によって公開された。
第二次世界大戦中、ナチス・ドイツ政権下で迫害を受けていたユダヤ人6000人に、亡命するためのビザを発給した外交官、故・杉原千畝氏。その際に救われたユダヤ人女性が、感謝を込めて日本人に託した自らの顔写真の身元が判明した。
太平洋戦争末期、敵の空母を沈めるため人間が操作して体当りする魚雷、いわゆる人間魚雷が開発され、出撃した。その誕生から70年が経つ。
歴史的な白黒(モノクロ)の映像に「色」がつくだけでこんなに身近に感じられるのか。単にリアルなだけでない。遠い彼方だと感じていた「過去」が、私たちが生きている「現在」とつながってくる。震災や戦争は大量に人が死ぬことだいうリアリティは、カラーになると、とたんに説得力を増す。NHKのETVで放送された番組を見てそう感じた。
集団的自衛権の行使容認をめぐって、安倍首相が憲法解釈の変更を示唆したことが議論を呼んでいます。これは憲法9条改正につながるきわめてやっかいな問題ですが、できるだけシンプルに考えてみましょう。