dandomisairu

7月29日未明、北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、排他的経済水域(EEZ)内に落下した。北朝鮮によるICBM発射は4日に次ぎ、2度目になる。
北朝鮮は、7月4日に発射したミサイルはICBMだったと発表した。ICBMとはどんなミサイルなのか。
北朝鮮は7月4日の午後3時半(日本時間)、「大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験に成功した」と発表した。
大地震や弾道ミサイル発射時などの緊急事態に国民に瞬時に緊急情報を知らせてくれるのが「全国瞬時警報システム」、通称「Jアラート」だ。
大地震や弾道ミサイル発射時などの緊急事態に国民に瞬時に緊急情報を知らせてくれるのが「全国瞬時警報システム」、通称「Jアラート」だ。
北朝鮮が5月29日朝、弾道ミサイルとみられる飛翔体を発射したことを受け、菅義偉官房長官が緊急の記者会見を開いた。
北朝鮮は29日朝、弾道ミサイルとみられる飛翔体を発射した。同日、韓国の聯合ニュースなどが伝えた。菅官房長官は記者会見し、「弾道ミサイルは日本海のわが国の排他的経済水域内に落下したとみられる」と発表した。
北朝鮮が内陸部の平安南道北倉付近から、飛翔体1発を発射したと報じた。
外務省は4月11日、北朝鮮による核実験や弾道ミサイル発射に対する警戒が強まっていることを受け、韓国に滞在・渡航している人に対し最新情報に注意するよう促す海外安全情報(スポット情報)を発表した。
6日に弾道ミサイルを発射した北朝鮮は、「在日アメリカ軍基地を攻撃する任務を担う部隊が、弾道ミサイル4発を同時に発射する訓練を行った」と発表した。
菅義偉官房長官は3月6日に緊急会見し、北朝鮮が同日午前7時34分に、弾道ミサイル4発を発射したと発表した。
「イランの侵略は決して看過してはならない」
9月下旬にソウルを訪問したとき、20年から30年に及んで私が交際してきた韓国の知識人たちは、いずれも危機に臨む韓国の明日を決して楽観してはいなかった。
韓国が配備を決めたアメリカの対北朝鮮ミサイル迎撃システムに、中国が首脳会談で強い不満を表明した。
メディアは、ミサイル迎撃システムばかりに注目し、中国側から見た配備の影響を見誤っている。