danjokakusa

65名分のアンケートで、「仕事の場とそれ以外の場(学校・家庭・地域など )で、「女性が抱える生きづらさ」を最も感じていることはなんですか?」と質問したところ、以下のような順位となりました。
それは学歴や経験ではない。
高額給与を勝ち得た女性CEOたちに共通する資質とは何なんだろう? 
「明らかに不公平なことを不公平だと言わなければ、意見を持つことに何の意味があるんだろう?」
シリコンバレーでは男女格差が問題になっているが、中国最大のオンラインマーケット、アリババでは状況は違うようだ。アリババの創設者ジャック・マー氏は「女性こそがアリババの成功を支える『秘伝のソース』だ」と語った。
世界中の多くの国で、学業面で女子は男子よりも優秀な成績を収める傾向にあるようだ。
ダボス会議を主催するスイスの研究機関「世界経済フォーラム」(WEF)は10月28日、世界142カ国を対象に、男女平等の達成レベルを経済、教育、政治、健康の4分野から評価した「国際男女格差レポート2014」を発表した。日本は昨年から順位を1つ上げたものの、142カ国中104位と低水準で、主要7カ国中最下位だった。
日本企業の管理職はなぜ男性ばかりなのか。かつては、「女性は短大卒が多いからだ」とされていましたが、90年代半ばから短大の4年生大学への鞍替えが相次ぎ、男女の教育格差は大幅に縮まりました。それにもかかわらず、女性管理職の比率は一向に増えません。
 あらゆる差別は、「記号化」と「レッテル貼り」から始まる。記号化されたイメージから、ある人物を憶測で判断すること。黒人は、犯罪をためらわないだろう。女郎は、淫らで卑猥な性格をしているだろう。そんな一般的なイメージを押し付けて、個性から目を逸らすこと。そこから、あらゆる差別が始まる。
25日、世界経済フォーラム(WEF)は「男女格差報告2013年」を発表した。日本は対象国136ヶ国中105位であった。2昨年の101位より更にランクが下がり、日本は過去最低の順位となった。
ダボス会議を主催する世界経済フォーラム(WEF)は25日、世界136カ国を対象に、男女平等の達成レベルを経済、政治、健康、教育の4分野から評価した「国際男女格差レポート2013」を発表した。日本は昨年から順位を4つ下げ、136カ国中105位にランクインした。評価が低下した背景には、昨年の衆議院選挙などの結果で女性議員の数が減少したことがあるとされている。