dankaijunia

地域におけるまちづくりは、すでにあるものを活かし、そこで暮らす人々のソフト的なパワーが重要になっています。
筆者は1984年生まれ。「はざま世代」である。何の「はざま」かと言えば、「競争で一番を目指すこと」と「個性を尊重すること」のはざまである。
ちょっと調べてみると、サプリも含めた健康食品はこの成熟社会にあって数少ない「成長市場」である。12年の推定規模で1兆4,746億円(インテージ調べ)。高齢化でまだまだ伸びる気配だ。年々膨張する医療費の抑制という社会的ニーズもある。
少子化、高齢化が進む日本。男女ともにフルタイムで働くようになり、共働きで子育てをする家庭が一般的となった。親の介護を控える、団塊ジュニア世代も多い。今後、多くの人が労働時間の制約があるなかで働くようになるだろう。
少子化、高齢化が進む日本。男女ともにフルタイムで働くようになり、共働きで子育てをする家庭が一般的となった。団塊ジュニア世代は、あと数年で親の介護に直面するようになる。今後多くの人が労働時間の制約があるなかで働くようになる。
2014年2月9日、東京都知事選挙が行われます。ハフィントンポスト日本版でもいくつかの争点を見出して記事を提供したり、またブロガーの皆様の意見を掲載しました。今一度ここで取りまとめてみます。
ハフィントンポスト日本版を統括するエディター・アット・ラージ(編集主幹)に、長野智子・報道キャスターが就任。どんなサイトを目指すのか。抱負を聞いた。
このたびハフィントンポスト日本版の編集主幹に就任しました長野智子です。ハフィントンポスト日本版がさらに皆様に愛されるニュースサイトになるよう努力していきたいと思います。ユーザー視点でまずこだわりたいのが「ハフィントンポスト日本版ならではのお得感」です。
8月26日に開催する第1回イベントは「ネット選挙反省会 〜 政治と有権者を繋げるためには 〜 」と題し、日本ではインターネットが初めて選挙活動に利用されたこの夏の参院選を振り返りたいと思います。ネットは実際にどのように活用されたのか。また、今後の課題として何が残されたのか。忌憚なき議論を試みます。
スタートにあたり、ハフィントンポスト日本版では『団塊ジュニアを中心に意見発信してもらうこと』を目指しています。私自身も、1974年生まれの団塊ジュニア層です。同世代を見ると、現在の日本の人口ピラミッドで層は厚いにも関わらず、その声があまり聞こえてこない、もしくは、きちんと伝えられていないのではないかという問題意識が常にありました。