datsuhodoraggu

環境を変化させることで、依存症に劇的な影響を与えることができる。
諸外国の中には、薬物に対し、真正面から撲滅を目指して徹底抗戦するのではなく、カナダ、オランダ、ニュージーランドなどのように、「ハーム・リダクション」という考え方に則り、ある種の共棲を目指す国もある。
危険ドラッグの実態を記す上で、筆者は特に、供給者側の論理を明らかにするように務めた。すなわちどのような人が何を思って作り、何を思って売っているのか、である。
「危険ドラッグ」の怖さは映像の力により世間に浸透しつつあります。しかし、指定薬物に指定されない新種の商品が次々登場し、それを使用する人々が大きな事故を起こすという悪循環が今も続いています。
脱法ハーブによる暴走運転が社会問題になったことで、「危険ドラッグ」に名前が変わりました。厚生労働省は、アンケート調査などをもとに、危険ドラッグの使用者を40万人と推定しています。危険ドラッグはなぜこれほど蔓延するのでしょうか。
「脱法ドラッグ」や「脱法ハーブ」に代わる新しい名称が「危険ドラッグ」になった。ネットからは「ダサいから良い」などの意見も出ている。
脱法ドラッグの販売業者の摘発に向け、厚生労働省は、脱法ドラッグの販売業者の摘発を強化するため、薬事法で禁止されている指定薬物に定める前でも、販売業者を摘発する方針を固めた。
厚生労働省と警察庁が「脱法ハーブ」に代わる新しい呼称の募集を始めると発表した。海外ではどのような名前が使われているのだろうか。
幻覚や興奮など麻薬と似た作用がある「脱法ドラッグ」を使ったことがある人が全国で約40万人に上ると、厚生労働省研究班が初の全国調査で推計した。