dawin

ナス科の園芸植物であるペチュニアの非自己認識システムに関わる遺伝子の全容を解明した。
恐怖感情を抱くことは認知情報処理を妨げるという、この1世紀の間信じられてきた心理学の定説を覆し、ダーウィンの主張を支持する知見といえる。
著書『テクニウム――テクノロジーはどこへ向かうのか?』(服部桂訳)出版に合わせて来日したケリーさんに、テクノロジーの行方と、この30年のメディア環境の変化について、話を聞いた。
科学の世界にいれば誰もがその名前を知っている上記の偉大な科学者が、すべてなんらかの「研究不正」、あるいは不正と言わないまでも、科学者としての倫理規範に抵触していた、という事実は、案外知られてはいません。
どんな偉人であっても人間。彼らにも「何者でもない」時代があった。そんな彼らの若き日の肖像がちょっとした話題になっている。
白黒の写真をカラーに変えるだけで、歴史は生き生きとした生命を持ち始める。