de-paruma-kantoku

本作は76年の『キャリー』のリメイクというか、再映画化されたもので、基本的なストーリーはほぼと同じである。もちろん、携帯電話やSNSなど現代に環境を変えているが、その分、いじめも陰湿になった。