dentosangyo

昭和初期に途絶えてしまった「高砂染」を復刻しようとの取り組みがあります。
和えるの店舗に展示・販売されるのは日本の技術とアイディアを掛け合わせて作られた幼児向け商品の数々。なぜ今、日本の伝統産業で幼児向けの商品を生み出しているのか。
ぼくが代表をしているNPO法人G-netが10年前からホンキ系インターンシップという名前で、長期実践型インターンシップを運営しているんですけれどね、学生に薦めたいって思ってるんです。心から「長期実践型インターンがいい!」と確信してるだ。