deribari

冷蔵・冷凍保存のしやすさや、栄養バランスの取れた健康習慣としても話題の宅配弁当(宅食)サービス。食宅便やヨシケイなどが人気サービスとして有名ですが、定期便や毎食注文、おかずのみとご飯付きなど、生活様式にあわせて選び方も様々。減塩や糖質制限などの健康管理にも便利で、一人暮らしや高齢者介護の頼れる味方にもなります。
ハフコレ編集部
月額6800円(税別)を払うことで、平日8時〜10時にファストブリューもしくはコールドブリューのラージサイズ1杯を自宅まで届けてくれる。
この機能を利用できるのは、Instagramのビジネスアカウントを開設し、かつUber Eatsの加盟店となっている飲食店です。
出前館が大きな存在感を持つ日本のフードデリバリー市場。そうした国内の市場に近年風穴を開けたのが、米ウーバー・テクノロジーズの「Uber Eats」です。
ユーザーが注文するとライフ店内の専門スタッフが品質等をチェックしながら商品を選び、 Amazonの配送ネットワークを通じて配送します。
店を応援したいという声がある一方、衛生面にも気をつけたいという声もある。
モバイルペイメントの普及を目指すスターバックスには、越えねばならない障壁がある。
「今日はこんなだけど、たまにはこういう夕飯もいいよね」と罪悪感を捨てて、笑顔で食卓を囲めますように。
ドミノ・ピザが、ユニークな宅配サービスで話題を集めている。