diego-foruran

メキシコのサッカーはしばしば、日本が目指すべきお手本として、引き合いに出される。
いよいよ今週末に2014年のJリーグが開幕する。3月1日に開催されるのは、ベガルタ仙台対アルビレックス新潟、柏レイソル対FC東京、ヴァンフォーレ甲府対鹿島アントラーズ、名古屋グランパス対清水エスパルス、ガンバ大阪対浦和レッズ、セレッソ大阪対サンフレッチェ広島、サガン鳥栖対徳島ヴォルティスの7カードだ。
先日来日し、セレッソ大阪の入団会見を行ったフォルラン。ワールドカップ得点王という超ビッグネームのJリーグクラブ加入は、日本のサッカーファンから熱い視線を集めている。
今季セレッソ大阪に加入したディエゴ・フォルラン。W杯得点王のJリーグ参戦とあって、開幕前から盛り上がりを見せているが、改めてフォルランとはどんな人物なのか振り返ってみたい。スペイン在住記者が解説する。
日本のサッカーファンが衝撃を受けたディエゴ・フォルランのセレッソ加入。選手たちはどう思っているのだろうか。練習場で生の声を聞いた。スター選手のJ参戦をポジティブにとらえつつも、いい刺激を受けているようだ。
ウルグアイ代表FWで、2010年南アフリカ・ワールドカップMVPに輝いたディエゴ・フォルランは22日、自身のツイッターを更新し、セレッソ大阪と2014年12月までの契約を結んだと明かした。現在34歳のフォルランは、母方の祖父が1962年チリ・ワールドカップのウルグアイ代表監督、父親が1974年の西ドイツ・ワールドカップに出場という経歴を持つ、サッカー一家に生まれる。