dinaru

2014年11月13日、イスラム国が金貨ディナールなどの独自通貨を発行すると発表した。しかし、アメリカ主導の国際経済秩序に対するイスラムの挑戦は、10年以上も前から静かに進行していた。
チュニジア南部にあるアメリカ映画「スター・ウォーズ」の撮影地が、進行する砂漠化で危機に見舞われている。チュニジア政府は4月8日、国際的に保存資金を募る「モス・エスパを救え」活動の開始を宣言した。目標額は30万チュニジア・ディナール(約1900万円)。