dizerusha

「フォルクスワーゲンは見つかってしまったが、多くのディーゼル車両は、人が思っている以上に排出している」
新型5シリーズの本国仕様においては7シリーズにも採用のない先進装備が用意されている。
パリでは、過去にも様々な古い自動車に対する規制や罰金制度が設けられており、これからもその傾向は続くようだ。
フィアット製ディーゼル車の排出ガスに含まれる窒素酸化物(NOx)が基準値を上回っているとの疑惑が、新たに持ち上がっている。
不正問題は経営を危うくするだけでなく、ブランドイメージの悪化の影響がボディブローのように長期に響いてきます。
エコ技術は多額の開発費がかかることから、今後は、各国の排ガス規制強化の動きも後押しして、メーカー間で技術供与や提携、M&Aなどが進むだろう。
世界中の捜査当局がフォルクスワーゲン(VW)の排出ガス不正問題に関する膨大な量の書類を押収している。その内の1つのファイルが紛失していたことが明らかになった。
さらに数百万台が欧州でのリコールに追加される可能性がある。
フランス環境保健局はパリから北へ84kmの所にあるヴィレル・コトレ市のVWフランス本社で捜査を行い、パソコンや資料を押収したという。
排ガスを"無効化"する「ディフィート・デバイス」は、少なくとも4種類のエンジン向けに作成されていた。