dizuni

[ロサンゼルス 30日 ロイター] - 米ディズニーのアニメ映画「アナと雪の女王」のサウンドドラックが30日、ビルボード200アルバムチャートで1位となり、通算で12週目のトップを記録した。 ニールセン・サウンドスキャンによると、同アルバムの先週1週間の売り上げ枚数は11万5000枚。第86回アカデミー賞で歌曲賞に輝いた主題歌「レット・イット・ゴー」を収録する同アルバムは、昨年11月の発売以降、
カナダ在住のデジタル・アーティストであるサキミ・チャンさんは、クラシックなディズニー・プリンセスたちを変身させることにした。
アメリカでも日本でも、今までどれだけ多くの女の子達がこんなプリンセスに憧れて、また男の子達もこれが幸せな結婚と思い込んで失敗をしただろうか。結婚すること、いや「結婚式」が幸せの最頂点となるなら、その後の人生は下り坂のみである。
象牙の城から救い出してくれる王子様を待つだけなのはもうやめた! 自ら道を切り開くべく、戦士になったディズニー・プリンセスたちを紹介しよう。
ディズニー映画「アナと雪の女王」。25カ国語で歌われるテーマソング「Let It Go」が話題となっているが、11歳の少女が歌ったバージョンが、3000万再生を超えている。その
ディズニーは1923年にスタートし、2013年で創立90年ということで、本作は90周年記念作品。日本では、同時にウォルト・ディズニーの映画製作の舞台裏を描いた『ウォルト・ディズニーの約束』も公開されている。
ディズニー映画「アナと雪の女王」が、公開初週から興行成績ランキングで初登場1位を記録するなど、注目を集める中、映画の挿入歌を思い切りキャラになりきって「口パク」で歌っている夫婦の動画が話題になっている。
1月第3週の月曜日は「成人の日」。著名人の新成人がソーシャルメディア上で振り袖姿を披露したほか、参加者らが各地の成人式の様子をアップロードした。
どんな偉人であっても人間。彼らにも「何者でもない」時代があった。そんな彼らの若き日の肖像がちょっとした話題になっている。
「ディズニーランドを貸し切ってパーティー」。ディズニーファンにとってはまさに夢物語だろう。しかし、使い切れないほどの資産を持つサウジの王子ならばそれも可能のようだ…