dna

2025年に完成予定。二重らせんに触発された構造を採用し、屋根になる部分を緑地として扱うことで持続可能性をアピールするデザインになっています。
キラリティーは、小分子からDNAの右巻きらせんまで、生命体の重要な特徴である。
2009年に、ラスベガスのホテルで女性を強姦した疑いで告発されていた
10年以上意識不明の状態が続いている女性患者が突然出産した事件で、警察はDNA採取を拒否した施設職員について、裁判所の令状を取っているという
2016年、D LiuたちはDNA「一塩基編集」技術を開発した。しかし...。
1971年にプエルトリコで離れ離れになった母親と2人の息子が、アメリカ・テキサス州の空港で感動の再会を果たした。46年ぶりに母子を引き合わせたのは、DNA鑑定だった。
環境要因や遺伝要因が、がんリスクに及ぼす影響は、研究者が考えているほど大きくないかもしれない。
CRISPR-Cas9技術を使った遺伝子編集によって、生きたマウスからHIVのDNAを除去することに成功した
これらのタンパク質をコードする遺伝子の異常は、大腸がんなどのヒト疾患の原因となっている。
アメリカ・マサチューセッツ工科大学などからなる研究チームが、バクテリアのDNAに作用して特定の機能を付与する"プログラミング言語"を開発しました。
我々のご先祖様と関係があるようです。
血縁など自分のルーツに関する情報をはじめ、今、これまで知ることのできなかった自分に関する膨大なデータが爆発する時代を私たちは迎えようとしています。
ヌクレオチド再利用経路には基質選択性があり、新規に合成されたDNAにエピジェネティックに修飾されたシトシンが取り込まれることを防いでいること明らかにしている。
DNAを組み立てる方法は、DNA固有の特性に起因する制約によって大きく制限される。このため、DNA折り紙のような方法で複雑なDNA構造体を実現しようとする場合、かなりの部分を手作業で調節する必要がある。