do-terute-bogen

フィリピンのドゥテルテ大統領は27日に会見し、国際的に物議を醸している自身の暴言について「神に誓って、ののしるような言葉は使わない」と述べた。
過激な言動が注目を集めているフィリピンのドゥテルテ大統領は9月9日、国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長を「こいつもバカ野郎だ」と罵倒した。
ドゥテルテ氏は5月31日にも、「腐敗したジャーナリストは処刑されるべきだ」と発言している。