docomo iphone

MMD研究所は15日、新型iPhoneを用いたNTTドコモ、au、ソフトバンク3社の比較テストの結果を発表。電波状況表示が良くても通信ができない、いわゆる「パケ詰まり」の確率を測定したところ、ドコモが13.4%、auが2.3%、ソフトバンクが1.0%となった。
新しいiPhoneがドコモ、au、ソフトバンクの3社から出揃った9月の契約者獲得競争だが、ドコモが大きく出遅れた。4月以降で最大の顧客流出件数だったことがわかった。MSN産経ニュースが報じた。
iPhone 5sと5cでパケ詰まりが最も多いのはドコモ――9月30日、ブランド総合研究所が調査結果を発表した。調査によれば、パケ詰まりを起こす確率は、ドコモがもっとも多く16.8%、ソフトバンクが3.9%、auが2.4%と最も少なかった。
孫正義社長が、携帯電話3社の「iPhone三国志」について語りました。
キャリアと契約すれば安くなる、あるいは日本のように実質ゼロ円だというのとは異なり、機器購入と通信費契約が別立ての中国ではiPhone5Sや5Cは価格が高くなり売れるわけがないと思われていたにもかかわらず、販売開始直後にあっというまに売り切れ、プレミアム価格でなければ入手出来ないという人気ぶりだとrecordChinaが伝えています。
ドコモ、au、ソフトバンク間でiPhone大戦争がはじまったわけですが、観客席から眺めていると、いずれがこのiPhone戦争を制するのかのオッズでもあればいったいどんな予想になったのかが興味津々です。そしてやはり焦点はドコモがiPhone取り扱いでどれだけこれまでの劣勢を巻き返せるのかです。
そろそろスマートフォンを新しくしようかと思っている人たちも多いことだろう。皆さんが選択しやすいように、最新iPhone 5sも含めて、6つのスマートフォンを比較した表をつくってみた。
アップル社は9月20日(米国時間)、「iPhone 5S」を発売した。待望の新機種を誰よりも先に入手したいと願い、店の前で何日も前から並び待ち続けた多くの人々にとって、興奮が最高点に達する日だったことだろう。
ドコモとauとソフトバンク、iPhoneを選ぶポイントは「通信品質」になりそうです。
2機種のうちiPhone 5sは事前の予約を受け付けておらず、品薄が予想されていたこともあり、都内の量販店や通信事業者の直営店には、発売当日にいち早く手に入れたいファンが行列を作った。