doitsu-rankingu

国際サッカー連盟(FIFA)は7月17日、最新の世界ランキングを発表、ワールドカップ(W杯)ブラジル大会で1次リーグ敗退の日本は、前回から1つ上げて45位となり、アジア連盟最上位となった。