dokomo-iphone-5s

新しいiPhoneがドコモ、au、ソフトバンクの3社から出揃った9月の契約者獲得競争だが、ドコモが大きく出遅れた。4月以降で最大の顧客流出件数だったことがわかった。MSN産経ニュースが報じた。
今のスマートフォン市場は、前年同期比51.3%増という驚異的な成長しつづけていて、その伸びしろをいずれが取り込むのかの競争になっています。サムスンはそれを制してきました。iPhoneも出荷台数は伸びているのですが、20%程度の伸びでは市場の成長率にはるかに届かず、シェアが落ちていくのも当然です。アップルは、このスマートフォン市場の成長を取り込む競争で負けてきたのです。
iPhone 5sと5cの2機種が発売されてから一週間。ドコモの新規参入により、大手3社すべてがiPhoneを取り扱うことになり、どの通信会社を選ぶかは「通信の快適さ」がキーになる。
キャリアと契約すれば安くなる、あるいは日本のように実質ゼロ円だというのとは異なり、機器購入と通信費契約が別立ての中国ではiPhone5Sや5Cは価格が高くなり売れるわけがないと思われていたにもかかわらず、販売開始直後にあっというまに売り切れ、プレミアム価格でなければ入手出来ないという人気ぶりだとrecordChinaが伝えています。
ドコモ、au、ソフトバンク間でiPhone大戦争がはじまったわけですが、観客席から眺めていると、いずれがこのiPhone戦争を制するのかのオッズでもあればいったいどんな予想になったのかが興味津々です。そしてやはり焦点はドコモがiPhone取り扱いでどれだけこれまでの劣勢を巻き返せるのかです。
そろそろスマートフォンを新しくしようかと思っている人たちも多いことだろう。皆さんが選択しやすいように、最新iPhone 5sも含めて、6つのスマートフォンを比較した表をつくってみた。
アップル社は9月20日(米国時間)、「iPhone 5S」を発売した。待望の新機種を誰よりも先に入手したいと願い、店の前で何日も前から並び待ち続けた多くの人々にとって、興奮が最高点に達する日だったことだろう。
ドコモとauとソフトバンク、iPhoneを選ぶポイントは「通信品質」になりそうです。
アップルは9月20日、iPhoneの新モデル「5s」と「5c」を発売します。18日には、5sと5cでも採用された新OS「iOS7」の提供も始まります。ここでは、新しいiPhoneの2機種をいち早く入手し、iOS7と合わせて詳細をリポートします
9月20日に発売されるAppleのスマホ、iPhone 5sとiPhone 5c。ハイエンドのiPhone 5sの品薄が噂される中、銀座や渋谷のApple Storeでは行列ができ始めている。さて、発売を明日に控え、iPhone 5sと5cについて、過去の記事と写真でおさらいしたい。