dokuoya

「結婚」の意味も責任も考えずに入籍し、今まで続く別居婚生活を、私は気に入っている。
最近親との関係に悩んでいる若い人がとても多いなと感じているので、僕が話すことでそういう人たちを勇気づけられたらと思いました。
私は、二十代の頃はイメージできたつもりでいたけれども、年を取るにつれて、また、多種多様な親のありかたを見て回るにつれて、だんだんイメージがぼやけるようになってきた。
憲法改正への動きが進められ「家族」の問題が取りざたされる現在、家族についての著作が豊富な漫画家、田房永子さんが考える家族の姿について聞いた。
突如湧き上がる怒りの気持ちを抑えきれず、幼い子供にまでキレそうになってしまう自分自身の姿を赤裸々に表現した。「近鉄でキレて駅員を責めてた人たちには、ぜひ読んでほしい」と田房永子さん。「キレやすい」人への処方箋とは——。
あなたがiPhoneを片手に公園のベンチに座っているのを見ています。
人格に問題がある親との「親子の縁」を切ることはできるのだろうか。法的に「親子」の関係を解消することは可能だろうか。弁護士に聞いた。