doryoku

「がんばる」というのは本来主観的なものなのに、なぜか相対的なものとして見られている日本社会。
日常的に人が経験していると言われる「S字曲線」をどう活用したらいいだろうか。
私たちの意識も、ある一定の数が共鳴すれば急速に周囲に影響を及ぼし拡がっていきます。
たとい苦しい人生行路であろうとも意味を見出し、受け入れていくための方法論はどこに行けば売っているのだろうか?
私は「努力は報われる」という言葉が好きじゃない。嫌いだ。間違った意味で使われるからだ。
努力に才能が必要と考えている人は、生涯、浮かばれない。自分さえその気になれば、いつでも努力は発露される。
優秀な医療クラークが増えることにより、地域の医師不足を解消する可能性があるが、実は病院経営の面からもメリットがある。
四半世紀ほど前に比べると、単純な努力や自己実現志向が褒められない時代になりましたね。あの頃の老若男女が白昼夢に溺れ過ぎていたわけですから、仕方ないと思います。
「人の運命はおおよそ遺伝子で決まっている」この遺伝子という才能をひっくり返す、もう一つの才能とは...
なんで良いアイディアが浮かぶんだ、俺だって頑張っているのに...。でもここにはアイディアでなんでも解決してやろう!という考えへの不快感と、勘違いが隠れていました。