doyonoushinohi

古くから「土用」には、胃腸に良いものを食べるべきとされてきましたが、特に夏の土用の日は、「う」の付く食材を食べると夏バテしないと言われています。
絶滅の危機は「養殖ウナギ」とも密接に関係している。
うなぎ+豚の生姜焼き、寿司の「ハイブリッド」型も登場
輸入物が市場の9割近くを占めるようになったという。
日本では「土用の丑の日には、ウナギを食べる」という習慣が根付いていますが、なぜなのでしょうか。というか、そもそも「土用の丑」とは何なのでしょうか。
短期間で育てる養殖ウナギは大半がオスだが、ゆっくり育てるとメスの割合が半分に達する、と報告された。
暑い季節に熱い物を食べて夏バテも防止する、という考えがお隣の国韓国にあるのをご存知でしょうか? 今回は夏バテを吹き飛ばす韓国の滋養食についてご紹介します。
「土用の丑の日」にむけて、お財布にもやさしくてお弁当にも使える、「うなぎもどき」最新レシピをご紹介します!
今年は例年と比べて1~2割ほど安い、といううれしいニュースこそ聞こえてくるものの、やっぱりうなぎといえば高級品。毎日続けて口にするなんて庶民にはもってのほか、年に一回の夏の土用の丑の日でさえついお財布と相談してしまいます・・・。