e78886kai

裏側には「消費が戻ってきた!」と喧伝したい政府の思惑も透けて見える
購入制限は訪日客増とともに2015年ごろから目立ち始めた。
成熟した「観光立国」の実現には、22世紀を見定めた国内のハード・ソフト両面のインフラ整備を着実に進めるための長期的なロードマップが求められる。
越境ECによる日本からの購入額は直近3年間でおよそ3倍にまで増加しており、米国の消費者の越境EC購入額のおよそ2倍の規模に相当している。
アメリカ軍の対北朝鮮ミサイル迎撃システムを韓国内に配備することに、中国が猛反発している。
日常的に使われているスマホを介したネット決済の整備などがより重要になるであろう。
大気汚染や食物汚染などは、中国に暮らす人々自身にとっては死活問題!だからこそでしょうか。健康に対する意識が、若い頃からとても高いようです。
学生服が値上がりしている。羊肉の世界最大の輸入国、中国で「火鍋」ブームが広がるなど羊肉が大人気で、学生服の素材となる羊毛用の羊が減っていることが一因だという。
中国の大型連休となる旧正月の春節(今年は8日)を前に、多くの中国人観光客が日本を訪れている。受け入れ側も躍起だ。