ebora-kansen

現在複数の医療機関が、試験中のワクチンを感染症集団感染が発生している地域に送ることを協議している。
「医療施設から遠く離れているのが問題です」
2015年1月現在に西アフリカで流行しているエボラ出血熱の最初の感染者と言われている、エミール・ウアモウノくんという2歳の男の子が感染したきっかけを追跡する研究が行われた。
拡大するエボラ感染がついにアメリカに飛び火したかと思えば、「イスラム国」への渡航を企てていた男がいきなりカナダ議会へ「テロ」攻撃を仕掛ける――。もはや、世界に隔離された安全地帯はない。
世界銀行グループは12月2日、エボラ出血熱の経済的影響-最新報告書を発表し、ギニア、リベリア、シエラレオネの経済がエボラ出血熱によって依然として深刻な影響を受けていると指摘、エボラ・ウィルスの根絶を図ろうとするこれら3カ国の来年の経済成長率は低下、または横ばいになると予想しています。
西アフリカから感染が広がるエボラ出血熱。中国政府は対策に1億2000万ドル(約136億円)以上を拠出しているが、米国に次ぐ多さを誇る同国の富豪からは今のところ、少なくとも公にはほとんど寄付が行われていない。
米政府当局者らは、エボラ出血熱の鍵となる事実を研究者が分かっていると自信を見せている。しかし専門家らは、感染拡大を防ぐのに不可欠な多くの疑問が、依然解決されていないとみている。
2014年10月30日、世界銀行グループは、エボラ危機対応のため、1億ドルの追加支援を行なうことを発表しました。
東京・羽田空港に入国した際に発熱がみられた45歳の男性は、遺伝子検査の結果、エボラウイルスは検出されず陰性だった。厚生労働省が28日、発表した。
10月24日、ニューヨークでエボラ出血熱の発症者が確認された。西アフリカでエボラ出血熱の対策にあたっていた医師、クレイグ・スペンサー氏(33)だ。フォトジャーナリストが、スペンサー氏の足取りと病院、街の様子を追っている。