ebora-nyuyoku

ニューヨークで初めてエボラ出血熱の感染患者が出た事に対して旅行業界に影響はないのか、現地の旅行会社アムネットの中川扶二夫社長に話を聞いた。
10月24日、ニューヨークでエボラ出血熱の発症者が確認された。西アフリカでエボラ出血熱の対策にあたっていた医師、クレイグ・スペンサー氏(33)だ。フォトジャーナリストが、スペンサー氏の足取りと病院、街の様子を追っている。
アフリカのギニアでエボラ出血熱の感染患者の治療にあたり、アメリカに帰国したニューヨーク市の医師が10月23日、エボラ出血熱検査の結果で陽性だったことがわかった。ニューヨークタイムズ紙が報じた。
10月23日、アメリカ・ニューヨークでエボラ出血熱の感染者が確認された。感染者の住む住居付近で任務にあたっていたNY市警の警官が、手袋を外した後、通りに設置されたゴミ箱にそのまま捨てていたという。