edanomikusu-keizaiseisaku

前回の私の発信に対しては、「ではお前ならどうするのか?」という趣旨のコメントをいくつかいただきました。そこで、私たちがこれまで進めてきたこと、進めようとしてきたことの一端を説明したいと思います。