edowado-sunoden-nsa

スノーデンがアメリカ国家機関の個人情報収集手口を告発してから、2年が経つ。
東西関係が緊張の一途をたどる中、第二次世界大戦後最も重要な告発者(ホイッスル・ブロワー)の身に大きな危険が迫りつつある。
インターネット上のプライバシーを保証するのに役にたつウェブツールやアプリを紹介します。
NSA(米国家安全保障局)がグーグルやヤフーなどのネットワークに秘かに侵入して通信をきめ細かく監視していたことが、スノーデン氏(元CIA職員)の暴露資料により報道されたりして、ネットユーザーの不満が高まっている。
この問いを、もし「誰が決めているのか」という問いに変えた場合、その答えは、「独立した民主主義国家であるならば、メディアが決めている」になるだろう。国家・政府側が好むと好まずにかかわらず、である。
すでに10年以上と歴史の長い、人気の“法律知識大衆化サイト”Groklawが、メールが調べられる危険性が迫っているとして閉鎖を決定した。サイト主宰者のPamela Jonesは彼女の最後のポストで、“Lavabitのオーナーはメールの使用を停止した。似た立場にあるわれわれも停止すべきである。メールが使えないならGroklawの存続は不可能である。これは、難しい決断である”、と述べている…
ニューヨークタイムズは6月にスノーデン氏が「NSA文書を漏洩した」と公言して以来、初めて彼とのインタビューを実現させた。
米当局からスパイ容疑で刑事訴追されているエドワード・スノーデン容疑者が、ロシアに入ったと報じられている。ロシア連邦移民局(FMS)が24日、スノーデン容疑者に入国許可書を発給したという…
米情報当局による監視プログラムを暴露し、米国からスパイ罪に問われている元CIA職員エドワード・スノーデン容疑者の亡命先に注目が集まっている。報道によれば、スノーデン容疑者は20数カ国に亡命申請したとされる。しかし申請したからといって、希望が通ると決まったわけではない。彼は米国人だが、もし日本人が亡命を希望した場合、どのようなときに亡命が受け入れられるのだろうか
米国家安全保障局(NSA)による監視問題で、英ガーディアン紙は6月30日、元CIA職員エドワード・スノーデン氏からの情報として、米国が友好国を含む38の在米大使館や代表部の通信を盗聴していたと報じた…