efferuto

エッフェル塔の竣工130年に合わせた全長800メートルのパリでの“空中散歩”が楽しめる
塔をよじ登る行為は過去にも何度か報告されてきた...
パリのシンボルが史上初めて「ジャパンカラー」に輝いた。
シリア政府軍による「残虐行為」が報じられたアレッポ市民へ祈りを示した。
パリ市民がオーランドの犠牲者への追悼と連帯の意を示した。
パリの同時多発テロ事件後に閉鎖されていたエッフェル塔が、11月16日夕方から営業を再開。愛国心の象徴であるフランス国旗の青・白・赤の3色にライトアップされた。
土壌不要の菜園や緑地は、研究からいよいよ実践段階へ進んでいることを実感しました。
これは池袋のランドマーク「サンシャイン60」を飲み込む高さ。
9月27日は、パリの中心部に車が1台も入らない「車なしの日」だ。
エッフェル塔に2機の風力発電機が設置された。この2機の発電量で1階の商業施設で使用される電力を相殺できると推定されている。ランドマークをエコ化する取組みは世界中で行われており、そのうちのいくつかご紹介する。