egawataku

2007年秋、黄桜という酒造メーカーのCMで、江川卓さんと小林繁さんは初めて顔を合わせた。
巨人軍の歴史を語るうえで、外せないのが多摩川グラウンドだ。練習の場として、多くの選手が切磋琢磨した。
プロ野球は、"「やめる」より「やめさせられる」選手が多い"という厳しい世界で、他球団で現役を続行できるのは、"ほんのひと握り"である。
将来はドラフト会議をなくし、プロ入りを望む選手の多くが意中の球団、または誘われた球団に入り、よりのびのびプレーできる環境作りが大切ではないだろうか。