ekoka

今後フランスでは、電気自動車およびハイブリッドカーしか買えないことになる。
なぜ、EVは一気に普及しないのだろうか。
PRESENTED BY NISSAN
メーカーのエコカー技術開発のスピードを鈍らせるような税制は、軽減税率同様、"筋悪"である。
フォルクスワーゲン(VW)の排出ガス不正問題で立腹するオーナーたちに、補償金が払われるようだ。
エコ技術は多額の開発費がかかることから、今後は、各国の排ガス規制強化の動きも後押しして、メーカー間で技術供与や提携、M&Aなどが進むだろう。
トヨタの内山田会長はこれを「天変地異」と表現した。
まだまだ未知数のエコカー達。そこで、我がautoblog日本版が誇るジャーナリストに分析してもらう為「autoblog Meeting ♯2〜自動車評論家が分析!環境に良いクルマとは?〜」を開催します。
2015年、トヨタやホンダは燃料電池自動車(FCV)を市場販売することが予定されている。全世界の四輪車の保有台数は2011年末時点で10億7,108万台に達しており、これは人口1,000人当たり154台、6.5人に1台普及していることになる。
最新のエコカーが並ぶ東京モーターショーが20日、報道向けに公開された。日本勢は円安の追い風も受けて復調し、ハイブリッド車(HV)などで世界をリードした環境技術の「本場」の自負がにじむ。