engeki

日本発のカルチャーとして認知されている2.5次元は、歌舞伎や舞踏と同じくらい、世界中に愛される舞台表現になるのではないか。
「肌の色を理由に俳優がある役を演じる機会を否定するのは、それ自体が人種差別」とも言及した。
「チャレンジングな演劇をやる」と意気込む堀江貴文さんにインタビュー
1965年の原作発表以来、累計250万部を超える筒井康隆の大ロングセラーの続編。
人里離れた利賀村に私が毎年訪れるのは、演劇を観るためだけではない。鈴木忠志氏の言葉を借りるならば、「異質な何かとの出会い」が利賀にはある。
東京という都市における舞台芸術にかかわる〈公共〉はどうなっているのか?ここでは、私見を少々書かせていただきたいと思います。
2015年12月6日(日)まで開催されたフェスティバル/トーキョー(F/T)15。今回は《出合い》を切り口にF/T15を振り返るレポート記事をお届けします。
日常から少し離れて、いくつかの作品の中から《偶然の出合い》を見つけること。これこそがフェスティバルの醍醐味なのです。
社会に出てからは、生身の人間が演じる芝居を見ることで、自分自身と社会のあり方を見つめ直す機会を得てきた。
俳優の渡辺謙(55)が「王様と私」で、アメリカ演劇界最高の栄誉とされるトニー賞のミュージカル主演男優賞の受賞を逃した。日本人俳優としては初の快挙は果たせなかった。