ennosuke

猿之助「お客様が1人でもいるならば、俳優は絶対に舞台を演らなければいけない、これが俳優の使命であると存じております」