enyasu

中国株の急落や人民元の切り下げをきっかけに、リスクマネーの逃避圧力にさらされ、変調をきたすマーケット。背景には何があるのか。みずほ銀行国際為替部チーフマーケット・エコノミストの唐鎌大輔氏に話を聞いた。
この夏の円安は、海外旅行には逆風気味。そこで、食べて作って"行ったつもり"になれる超簡単な「ハワイ風おつまみレシピ」はいかがですか。
費者物価上昇率は、1990年代後半からデフレが続いてきた日本が米国を下回ることが常態化していたが、このところ両者の関係が逆転している。
アジアの経済勃興を肌身で感じているこの身にとっては、日本のこれからの失速はもうどうしようもないのではないかと思ってしまう。日本人は、この島国の中で閉じこもり、長い間デフレを貪っていたのでいまだに気づかないかもしれない。
パナソニック<6752.T>は28日、2016年3月期の連結当期純利益が前年比0.3%増の1800億円になると発表した。
まずお聞きしたいのは、アベノミクスの第1の矢(金融緩和政策)によって株価が上がり、円安も起こり、有効求人倍率と完全失業率が改善し続けている状況において、なぜ市場関係者のなかには、いまだアベノミクスの効果を否定したがる人がいるのかについてです。
日本政府観光局(JNTO)の推計によると、昨年1年間に日本を訪れた外国人は1341万人と過去最高を記録した。
約5~7年という期間にわたって、これらの主要通貨ペアにおいて、ある一定のトレンドを維持している時間帯が存在していたことは確かである。
中国でのスマートフォン市場の拡大やAppleの新型スマホ「iPhone 6」の発売で、日本の大手電子部品メーカーの業績が堅調だ。 2014年9月の中間連結決算で過去最高の売上高を記録した村田製作所の村田恒夫社長がハフポスト日本版のインタビューに応じた。
10日のニューヨーク商業取引所で、国際的な原油価格の指標となる「米国産WTI原油」の先物価格が、前日比2・88ドル安い1バレル=60・94ドルと、約5年5カ月ぶりの安値をつけた。