epoto

配給会社社長の木ノ内輝さん「『いい作品を世に送り出すため、皆と力を会わせて取り組んでみよう』と思った」
羊毛フェルトはモンゴル人の生活の隅々で使われている。
渋谷区などが、性的少数者が住みやすい町づくりを進めている。区ではLGBTカップルを「結婚に相当する関係」と認定する「パートナーシップ証明書」の発行を決めた。
「現役時代の輝きを認めてあげるとお年寄りは生き生きする」と言う。
電車の線路沿いをお年寄りが歩き、電車が止まった。お年寄りは認知症の患者で、この時の莫大な費用補償を家族が求められた。よく起きる認知症の患者をめぐる問題だ。