f1-mashin

アリクイか、それともカモノハシか?世界最高峰の自動車レース「F1」の2014年のニューマシンが続々と発表されているが、どれも奇妙な形をしている。フェラーリやメルセデスは、ノーズの先端部が大きく垂れ下がった「カモノハシ」型。マクラーレンやケータハムなどは、ノーズの先端が細くとんがった「アリクイ」型になっている。
現在開催中の東京モーターショーで、ホンダが1964年のF1世界選手権参戦のために製作した日本初のF1マシン、「RA271」を公開しているのでご紹介しよう。