facebook

交流サイト(SNS)大手の米フェイスブックは27日、各国政府からユーザーの個人情報の提供を要請された状況を開示する「各国政府による請求レポート」を公開した…
2013年上半期、アメリカ政府は、20,000人以上のユーザーのアカウント情報を求め、Facebookに対し11,000〜12,000件の請求を行った。Facebookは、これらの請求の内79%に応じ、データを引き渡した。
Facebook は、今年7月から一部メディアに限って提供していた埋め込み投稿機能を全てのユーザーに提供すると発表しました。無料で利用できます…
Facebookがこのほど公開したグラフ検索(Graph Search)は自然言語でFacebook上の人物を検索できるツールだ…
Facebookは第2四半期の決算報告を発表した。売上高は18.1億ドルで、アナリストの売上16.2億ドル、1株当たり利益り0.14ドルという予測を上回った…
顔認識、位置情報認識、そしてビデオ撮影の際に録音した音声を認識する技術まで実用に供される時代となりつつあるそうだ。そうしてFacebookは、収集したデータをもとに短編ビデオ(Instagram)で「カバーフレーム」にすべきシーンのサジェスションを行ったり、タグ情報の提案を行ったりするという特許を取得した…
これであなたもFacebookのCEOも、同じようにくつろげるようになった。ビーストと遊ぼう。ビリオネアのプーリー犬に専用のFacebookスタンプパックができた。文字を入力する代わりに、Beastが遊んだり、おねだりしたり、コーンをかぶったりしているアニメーション画像を友達に送ることができる。「一体それがどうした?」と言う前に、これが複雑な感情を効率よく伝える手助けをするFacebookの探求の一環であることを知るべきだ。
アメリカ人は自分の性的指向に関して益々オープンになってきており、それが差別の排除につながるかもしれない。ゲイ・プライド週間を祝い、Facebookが調査した結果、米国ユーザーの70%に、自分をゲイ、レズビアンまたはバイセクシャルであると登録している友達がいることがわかった。この事実は、偏狭な態度や同性愛嫌悪の中傷が誰かを傷つけるということを人々に思い起こさせる。
広告の中で、原形をとどめないほどにフォトショップで修正された女性のカラダを見るのに飽き飽きしていないだろうか? ある企業がこの気持ちを理解して、行き過ぎた画像修正をしないことを公言した。
猫のモリスはメキシコのベラクルス州都ハラパ市の市長に立候補しており、そのマタタビ政策は民衆から支持を得ている。MSNが伝えるところによると、このニャンコ政治家は公約に「ネズミのいないハラパ」を掲げており、一日中ずっと寝転んで何もしないことを確約している。
イタリアで14歳の少女が自殺した事件を受けて、Facebookが刑事告訴された。Facebookが結果的に自殺に追い込むことにつながったという主張だ…
「いたすぎる……」と評判を呼んだNHKの土曜ドラマ「ご縁ハンター」。結婚サイトを通じてたくさんの相手と出会うのに、なかなか「オンリーワン」に出会えない現実をリアルに描き、本格的な〝結婚難時代〟の到来を感じさせた。最近の婚活事情、いったいどうなっているのだろうか。
Konnichiwa(こんにちは)! 私は秋葉原にあるハフポスト日本版編集部にお邪魔して、こちらの有能なスタッフとともにアジアで最初の展開となるハフポスト日本版の立ち上げ準備を進めています。これまでイギリス、カナダ、フランス、スペイン、イタリアの各国版を手がけてきましたが、ハフポスト日本版を立ち上げられるだけではなく、アジアという新たな地域への進出に我々は大きな喜びを感じています。私たちの目標は、成長しつつある世界規模の会話に、世界中からたくさんの声を招き入れること。ハフポスト日本版の立ち上げによって、その目標にまた一歩近づきました。本日から開始したハフポスト日本版は、かつては乗り超えがたいものと考えられてきた地理的、言語的、文化的障壁を、21世紀のメディアがどのように克服していくかを証明します。