家族のかたち

12月末に次男が誕生予定の巡査長は、個人面談で上司から育休を勧められたという。
三島や谷崎文学に登場する同性愛。「彼らは当時の社会意識よりも、はるか先に進んだ小説を書いていた。文学のほうが社会よりも先をいっていた。それは、今の時代に小説を書いている私にとっても誇りです」。
ある人にとっては親になることで、美しく、なにかが変わるような新たな愛に目覚めることもあるかもしれない。そうでない人にとっては、自分で子供を生んだり里親になったりするかどうかは関係なく、愛は十分にある。
「身体に苦痛または不快感を引き起こす行為(罰)」は体罰に当たる。
同性婚の法制化は、セクシュアルマイノリティの人たちへのスティグマを減らす可能性があると、研究者は指摘します
児童養護施設を出たあとの若者の生活に寄り添う「アフターケア」の充実が課題となっている。
私のパートナー、とてもとても大切な、そして心から尊敬する人へ。
子どもについてウカツに質問をした経験がある人たちに、その無神経さを自覚してほしい。
「結婚」の意味も責任も考えずに入籍し、今まで続く別居婚生活を、私は気に入っている。
「ふつう」に対応されることの嬉しさを感じつつ、「引っかかりポイント」もいくつかあったので、この経験を備忘録として残したいと思います。
結婚、出産をテーマに女性の迷いや苦悩を描いてきた作家の甘糟りり子さん。作品に込めてきた思いを語りました。
主夫として子育てと家事を担う劔樹人さん。「得意不得意の分野が‟真逆”」だったからこそ選択できた、これからの夫婦のかたち。とはいえ、妻・犬山紙子さんとの収入格差は気にならないもの? 話を聞きました。
チャットレディの仕事で収入を得ている28歳のシングルマザー。でも私生活では男は寄ってこないという。