家族のかたち

「私はずっと、孤独を何かで埋めようとしていました。仕事で有名になることや、お金や、結婚。でも、心の穴を何か、だれかで埋めることは不可能なんだと気づいた」
習慣や思考のクセを「やめてみた」プロセスを描いた、わたなべぽんさんのコミックエッセイ『やめてみた。』シリーズが累計30万部を突破するなど注目を集めている。
5人家族2組と4人家族2組では、それぞれの家庭内で最初に感染がわかった1人以外の全員も感染していることがわかった。
複雑な家庭環境で育ち、ブラック企業に就職し、自殺未遂を経験した小林エリコさんが、機能不全の家族から脱するまでを綴ったエッセイを通して捉え直す「家族」の枠組み。
「正規ルート」から外れ、“普通”ではない家族を「つくって」いる人とたくさん出会った。愛と家族のかたちに正解なんてないことは、今となっては自明だ。
一緒に生活していれば、女性というより「人間」として見られることが多くなる。結局のところ、レスの原因は「夫婦関係の問題」でしかないのだ。
「夜の世界で働く人には社会的な支援が届きにくく、当事者も支援の対象かどうか分からないと思ってしまう」
同性パートナーがいる社員の子育てを応援するファミリーシップ制度。この名前にはある思いが込められていました
とても珍しい二つの子宮での妊娠。一卵性双生児の可能性も否定できないと医師は話します。