家族のかたち

いい夫婦の日(11月22日)に開かれたイベントで、りゅうちぇるさんは「付き合っている段階からお互いの理想をしっかり話し合うことが大切」と呼びかけた
今日は「いい夫婦の日」。いい夫婦って「どんな形」だろうか? 私たち夫婦は、選択的夫婦別姓が実現されない中、法律婚から事実婚に変えた。私たちがした事務作業・手続きをお伝えします。
女性の「産後うつ」のような症状は、男性にも起こりうることが知られ始めています。11月19日は国際男性デー。娘の誕生後、「父親は強くあらねば」と力みすぎてうつに苦しんだ、ライター・遠藤光太さんによるブログです。
「当たり前」だと思っていること、立ち止まってRethinkしてみませんか? noteで綴る等身大のエッセイが人気の島田彩さんが、家族のカタチを見つめ直すストーリーを寄せてくれました。
PRESENTED BY Rethink PROJECT
好評連載 第14回 LiLiCoの「もっとホンネで話そう。私たちのこと」
第三者を介する生殖補助医療で生まれた子の親子関係を定める民法特例法案。臨時国会で提出される見通しだが、子が精子や卵子の提供者を知る権利は「棚上げ」されたままだ
支援団体は「制度のすき間に落ちている家庭がある」として、児童手当の制度に関する運用改善について提言することを予定しています。
子育てをオープンに話すベル氏。「SNSで顔を見せるかどうかを決める権利は、子どもにあると思うから」
「子どもは無条件にかわいい」「親の愛は無償」というが、果たして本当なのだろうか?自我を持ったひとりの人間を、無条件に愛し、愛されるなんて思えない。
新副大統領のカマラ・ハリス氏は子どもたちから「ママラ」という愛を込めた言葉で呼ばれています。