fasutotorakku

アメリカ人の経済学者が日本経済の復活のために日本が何をしなければならないかを書いています。
米下院は25日、貿易自由化の影響を受ける労働者を支援する「米貿易調整支援(TAA)」プログラムの継続法案の採決を行い、賛成286票、反対138票で可決した。
環太平洋経済連携協定(TPP)が成立に向けて大きく前進しました。
米下院は18日、環太平洋連携協定(TPP)の合意のカギを握る貿易促進権限(TPA、通称ファストトラック)法案について、失業者対策の部分を除いた上で再採決を行い、賛成218、反対208で可決した。
上院での議論で、TPPが長く白熱することが明らかになった。これからは、はるかに激しい消耗戦が待ち受けている。
アメリカ上院は21日、オバマ大統領が抱える貿易上の課題である法案の審議を終え、評決で環太平洋経済連携協定(TPP)締結の前提となるファスト・トラック法案(TPA)を可決した。
米上院の与野党は13日、環太平洋経済連携協定(TPP)妥結に不可欠とされる大統領貿易促進権限(TPA、通称ファストトラック)法案の審議開始に必要な動議の採決を14日に行うことで合意した。