fcv

ホンダは3月10日、燃料電池車の「クラリティ フューエル セル」のリース販売を開始した。
日本がFCVを普及させたい気持ちの裏には、FCVはEVに比べて「すり合わせ技術」が大きく必要になってくるからだ・・・という事情があります。
FCVが凄いエコになる可能性というのは、要するに今のエネルギー消費システムにはあっちこっちに無駄があるってことなんですよね。
まだまだ未知数のエコカー達。そこで、我がautoblog日本版が誇るジャーナリストに分析してもらう為「autoblog Meeting ♯2〜自動車評論家が分析!環境に良いクルマとは?〜」を開催します。
FCVに未来があるかは不透明だ。むしろ世界には普及せず、日本の一部だけでしか使われないガラパゴス・カー、"ガラカー"になる恐れもあるとみておくべきだ。
トヨタ自動車は11月18日、燃料の水素に空気中の酸素を反応させてできた電気で走る燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」の発売を12月15日とすると発表した。
水素で走る「燃料電池車(FCV)」の普及を目指し、政府は購入者に対し、1台あたり200〜300万の補助金を支給する方針を固めた。
ホンダが水素を燃料とする燃料電池車(FCV)を、日本で先行販売する方針を固めたことが分かった。
2015年、トヨタやホンダは燃料電池自動車(FCV)を市場販売することが予定されている。全世界の四輪車の保有台数は2011年末時点で10億7,108万台に達しており、これは人口1,000人当たり154台、6.5人に1台普及していることになる。
最新のエコカーが並ぶ東京モーターショーが20日、報道向けに公開された。日本勢は円安の追い風も受けて復調し、ハイブリッド車(HV)などで世界をリードした環境技術の「本場」の自負がにじむ。