feikunyusu

1月7日に議事堂侵入した群集について「ネット上には極左集団が紛れ込んでいるとの情報もあります」と投稿。物議を醸しています。
アメリカ大統領選のフェイクニュースなどの拡散を防ぐことが狙いだった。当面はこの仕様を継続するという。
事実ではない情報が「心が打たれる感動的な話」として拡散。ご注意を!
17の「間違った情報や誤解を招く情報」の中で、最も多くの人が触れたのは、中国に関するものだった。
トランプ氏は「怯えた幼児が人種差別する赤ん坊から逃げている」という偽のCNNテロップが付けられたビデオをシェアしていた。
多くの知性派は世界を憂いている。  一体なぜ、ここまで事実が積み上がっているのに、あるいは事実は確固としてあるのに、彼らの意見は変わらないままなのだろうか、と。
ディカプリオがプロデュースしたクリント・イーストウッド最新作
PRESENTED BY ワーナー ブラザース ジャパン
フィンランド大使館の公式Twitterは、どのように誤報が広がったかを検証した記事も紹介している。
「ネットに蔓延するフェイクニュースは実はそれほど大きな問題ではなく、それよりもむしろ、既存のメディアが間違った情報を垂れ流してしまっていることの方がもっと恐ろしいのではないか」。