fiatto

フィアット製ディーゼル車の排出ガスに含まれる窒素酸化物(NOx)が基準値を上回っているとの疑惑が、新たに持ち上がっている。
フェラーリが、さらなるテーマパークの建設を予定しているという。その場所は北米のどこかになるようだとブルームバーグが伝えている。
「124スパイダー エラボラツォーネ アバルト」は、スポーツ性能を引き上げたロードスターのフィアット・バージョンのような物であることが分かってきた。
英国の自動車雑誌『CAR』が伝えるところによると、アルファ ロメオとマセラティの2ブランドでトップを務めるハラルド・ウェスター氏は、次期型「アルファ ロメオ スパイダー」がマツダの新型「ロードスター」とプラットフォームを共有するという過去に報道された計画を破棄し、自社開発になることを認めたという。
フィアットは、フェラーリ会長を辞任するルカ・ディ・モンテゼーモロ氏に対して、2,695万ユーロ(約37億5千万円)の退職金を支払うことを明らかにした。退職金の約半分近くの1,371万ユーロ(約19億円で彼の年俸の約5年分)は、来年の1月31日に一括で支払われ、残りの金額はこの先20年かけて支払われるという。
23年の長きにわたってフェラーリの会長を務めたルカ・ディ・モンテゼーモロ氏が、10月13日付での辞任を公式に発表した。
イタリア自動車大手フィアットは、傘下の米クライスラー・グループの完全子会社化で合意したと発表した。取得額は43億5000万ドル。
今回は、フィアットのセルジオ・マルキオンネCEOが、低迷するアルファロメオの経営状況を打開するため、プラットフォームの共有化を核とした再建策を検討しているという情報をお伝えしよう。
フィアットとイタリアの家電メーカー、SMEG(スメグ)社は、両社のコラボレーションによる素敵な冷蔵庫「SMEG500」を発表。この6月にはオンラインで注文受付を開始する。1950〜70年代に生産されていたイタリアの大衆車、2代目「フィアット500」のフロント・マスクを象った、レトロなデザインの冷蔵庫だ。
フィアット「500C」はとても魅力的な車だが、その可愛らしい外観のため、男性には敬遠されがちだったかもしれない。そこでフィアットは、「500C」の女性的なイメージを払拭すべく、男性をターゲットに据えた限定モデル「500C GQエディション」を発表した。