figyua

フィギュアスケートの全日本選手権は12月23日、ソチオリンピックの最終選考会を兼ねてさいたまスーパーアリーナ(さいたま市)で女子フリーがあり、SP2位だった鈴木明子選手が215.18点で初優勝し、ソチオリンピック代表に内定した...
フィギュアスケートの安藤美姫選手は、12月23日に行なわれる全日本選手権最終日を前に、Instagram上で「今日が私のラストスケート」と発言した。4月に女児を出産した安藤選手にとって、全日本選手権は3年ぶりの出場。「会場では母ではなく、選手なので」と強い気持ちで大会に挑んできた。
フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは6日、マリンメッセ福岡で第2日の競技を行い、男子はショートプログラム(SP)首位の羽生結弦がフリーでもトップの成績。自己ベストを更新する合計293.25点をマークして初優勝した。
フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは5日、福岡で開幕し、男子ショートプログラム(SP)では羽生結弦が世界歴代最高となる99.84点を記録し、トップに立った。
松葉杖や車椅子、遺体袋まで添えられているのは、これまでスポットライトが当たってこなかった戦争の英雄たちだ。
亡くなってから2年が過ぎ、その間に1冊の伝記がヒットしたが、スティーブ・ジョブズ氏関連の商品はま人気が高い。
たった6秒の3Dスキャンで自分のフィギュアができるサービスが登場しました。
3Dプリンタで、スマホの写真からフィギュアを作成できるサービスが開始されました。価格は4万円から。
画面上で3Dアバターを作ると、フルカラーで3Dプリントしてフィギュアにしてくれるサービス「Mixee Me」ではちょっと不満だが、CTスキャナーと3Dプリントを利用して自分の正確な顔を彫像にするというのもちょっと怖い。では、お金に余裕があって、ハイテク好きで自己愛の強い人たちは、今何に注目しているのだろうか。