firipin-daitoryo

フィリピンのドゥテルテ大統領は27日に会見し、国際的に物議を醸している自身の暴言について「神に誓って、ののしるような言葉は使わない」と述べた。
取り締まり当局は、フィリピン全土で300万人の麻薬中毒患者がいると推定している。
ドゥテルテ氏は5月31日にも、「腐敗したジャーナリストは処刑されるべきだ」と発言している。
フィリピンの大統領選が5月9日に投開票され、南部ダバオ市のロドリゴ・ドゥテルテ市長(71)が、アキノ大統領が後継指名したマヌエル・ロハス氏(58)などを破り当選確実となった。