アタラシイおいしいを探そう

マクドナルドがアメリカの一部の店舗でハンバーガー「マックプラント」を試験販売します。
10月16日は「世界食料デー」。そして、30日は「食品ロス削減の日」だ。 東京ハーヴェスト実行委員会は16日から30日まで、食のあり方を考えるイベント「東京ハーヴェスト2021」を開催する。今年のテーマは「#捨てないを始める」。持続可能な食
植物肉の市場規模は今後も拡大する見通しで、注目度が高まっています。
「食」のサステナビリティに関するオンライントークイベント『サステナビリティは企業変革のチャンス』が開催されました。
PRESENTED BY あふの環2030プロジェクト
環境に優しいと注目を集めるフェイクミート。身近なところから気候危機緩和に貢献ができる「フェイクミート」について紹介します。
ハフコレ編集部
アボカド栽培で大量の水を使用するために干ばつが起きている、アボカドによってマフィアの抗争が起きている、だからアボカドは「悪魔の実」?目を凝らしてみると、違う風景が見えてくる。
第2回「#アタラシイおいしいを探そう」。植物肉を研究開発するグリーンカルチャー代表の金田さん「自分と同じように肉を食べないと決めたことで、食生活に困っている人の役に立ちたい」
第1回「#アタラシイおいしいを探そう」。“我慢”や“諦める”をしないで、好きな物は美味しく食べたい。「ヴィーガンに切り替え中」だというモデルのカトウ ジーナさん。大好きなアイスはどうする?
濃い味付けに頼らず畜肉のような喫食時の満足感を伴いながら、プラントベースフードというヘルシーさを兼ね備えた「肉々しいけどヘルシー」を実現した製品としている。
米カリフォルニア州バークレー市が、肉や乳製品を使わないヴィーガン食を市営施設や行事で提供する方針を決めた。
コンビニやファストフードで手に入るメニューを試したり、自宅で簡単な料理をしてみたり…。私の「代替肉体験記」をご紹介します。
おもしろいことに、肉を大量に食べ、毎年多くの資源を肉の生産に費やしている国ほど、半数以上の消費者が本物の肉よりも代替肉を選ぶと答えた。
売り上げの3%は、小児がんの子どもやその家族を応援するNPO法人のプロジェクトに寄付する。クラウドファンディングで支援を呼びかけている。
現役大学生ながらヴィーガンレシピ投稿サイト「ブイクック」を立ち上げた工藤柊さん。自らヴィーガンになることを決めたのは高校時代のある出来事がきっかけでした。
「安くて美味しいスイーツはコンビニで買える」と手厳しい意見もある一方、子ども時代の思い出が詰まった老舗の苦境を悲しむ声も広がっている。
通常の培養肉製造技術では「超えられない壁」がありました。
過度なダイエットで、摂食障害とうつ病を経験した未来リナさん。回復した今、かつての自分のように苦しむ人のために、「恩返しのレシピ」を発信している。
ロンドンで行われた全国農民組合議会にて、研究者が「豆腐は一部の肉類よりも気候変動に悪影響かも知れない」という趣旨の未発表のリサーチについて話した。
東京ディズニーランドでのチュロスの販売は1985年に始まったが、公式サイト“和のテイスト”の味が発売されるのはパーク初だという。一方、東京ディズニーシーでは、『抹茶ホワイトチョコポップコーン』が新たに発売となった。
裁判官の話によれば赤ちゃんが保護された当時、母親はうつ病を患っており、ヴィーガンの考えに一層固執するようになっていたという。