FridaysForFuture

スウェーデンで多くの人が口にするのは「今、恐ろしいことが起こっている」。スウェーデンでは気候変動ではなく、「地球危機」の文脈で語られている。
平日の日中にも関わらず、多くの人が東京でのグローバル気候マーチに参加した。